浴室暖房でヒートショック防止~快適な入浴LIFEを守ろう~

男性

ヒートショックの危険

作業員

浴室は室内の中でも特に温度が低い場所です。そのため、冬場にヒートショックを起こして倒れるという事例がとても多くなっています。リビングや寝室などは暖房機器を使用することで暖かく保つことができますが、その快適で暖かい場所から寒い浴室へ移動すると温度変化に身体がついていかないのです。血圧が大きく変動してしまい、失神してしまうことがあります。失神くらいならばまだ軽度なヒートショック被害ですが、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしてしまうこともあるのです。また、浴槽に溜めた熱いお湯が原因でヒートショックを起こす人もいます。お風呂に入る際、かけ湯をして浴槽に浸かることを始めに行うことが多い地域などでは、入浴に伴う温度変化でヒートショックを起こしてしまうのです。入浴時にヒートショックが起きてしまうことで溺死してしまう事故も決して少なくないのです。

住宅の中でも暖房機器によって暖めることが少ない場所は脱衣所や浴室が最も多いため、入浴時はヒートショックの危険性が高まるのです。夏場ならと安心している人も多いでしょうが、温度変化に関係しているヒートショックは夏場でも起こりうる事故なのです。冷房で冷えた身体に暖かいお湯を浴びることでヒートショックを起こす人も少なからずいます。そのため、室温はどこも一定に保つ工夫が必要となります。ヒートショックは季節に関係なく起きてしまいすが、冬場は夏場の10倍以上危険度が高まります。そのため、浴室暖房などを設置して予防策を講じることがとても大切なのです。浴槽へお湯を溜める場合、シャワーを使用することで浴室内を効果的に暖めることもできます。また、42度以上のお湯で入浴してしまうと身体に負荷が掛かってしまうため、適度な湯加減を心がけることも重要です。ヒートショックは特に高齢者に多い事故ですが、糖尿病患者や高血圧の人でも危険性は高いと言えます。家族に声をかけて入浴するなど、万が一の備えも行いましょう。