浴室暖房でヒートショック防止~快適な入浴LIFEを守ろう~

男性

設置するかを判断する

お風呂

浴室は室内の中でも温度が低い場所として知られています。冬に浴室が極度に寒く感じたという人も少なくないでしょう。浴室などの水気の多い場所は、慢性的に湿度がこもりやすいため、空気が湿って冷えやすいのです。そのため、リビングなどの暖かい場所から寒い浴室に移動した場合に体調を崩したり、ヒートショックを起こす人が多いのです。寒暖差があると身体には多大な負荷がかかってしまいます。特に冬場は湯船に熱いお湯を溜めて入浴することが多いため、極端な温度変化に身体が対応することができなくなってしまいます。高齢者は血圧の変動が命に関わってしまう確率も高いため、ヒートショックを防止するための対策を講じる必要があるのです。近年では浴室暖房を設置する家庭も多くなっており、ヒートショックの防止に大きな成果を挙げています。暖房などを使用して室内を暖かく保つことと同じように、浴室も浴室暖房で暖かくすることができます。室内の温度差を縮めることで、健康を阻害する危険から身を守ることができます。

浴室暖房の設置を考えている場合、どの業者に依頼するかを考える必要があります。また、それだけではなく、浴室暖房の種類も吟味することが大切なのです。住宅では利便性を考えて換気扇や電気のスイッチが連動するように作られていることがあります。その際には連動に対応することができるタイプの浴室暖房を選択しなければいけません。天井へ埋め込むタイプや壁掛けのものなど、メーカーによって設置形態も変わってきます。自分の住宅に合わせて選びことが重要です。設置を行う業者などはインターネットなどで検索し、比較すると良いでしょう。料金がどれほど掛かるのかは気になるところですが、実際にその製品や業者が信頼できるのかを判断するためには比較して決めることも大切です。浴室暖房は決して安い買い物ではありません。ですが、命の危険を回避するために必要なことですし、慎重に選ぶことで後悔しない結果に繋げることができるのです。